定期的な収益は不動産投資で


HOME > 投資物件について



定期的な収益は不動産投資で

投資の中でも、不動産投資は一番収益の得やすい投資法です。

資産運用をするのに株やFXなど活用法がありますが、目的はやはり収益です。

いかに上手に運用しながら、増やしていくか…がポイントになりますが、
株で大きなマイナスになってしまった人も残念ながらいるはずです。

デイトレイダーなど毎日見ていられるのであれば、少しの値上がりも
見過ごすことなく売買ができますが、それだけ自分の時間を必要とします。

出かけていても値が気になってしまうなんてことも少なくはないはず。
常に変動する投資法は、それなりに時間も必要となってしまうのです。

しかし、不動産投資は違います。収益物件を持ち入居者がいれば、
毎月定期で決まった金額の家賃を得られることから、安定した投資ができます。

家賃も急に変動するものでもなく、収益物件の価格も同じように安定しています。

実際賃貸情報などで、築年数を見てください。20年、30年、それ以上という物件も
たくさんありますが、周辺の家賃相場と大きな違いはありません。

多少なり老朽化によって家賃が下がっている物件はあったとしても、
同じ広さで半額になっているという物件は、まずありません。ワケあり物件と
言われる事件や事故のあった物件だとしても、半額まで家賃が下がっている
物件は少ないでしょう。

それだけ長期間に渡り、安定した収益があるのは不動産投資の最大の魅力です。

時間を取られることなく、毎月収益が確実に入ってくるため、働きながらでも
収益で資産を増やしていくことができます。

もちろん、経営するためには勉強も必要です。

さらに成功をしようと思えば、どんどん勉強をして収益を増やしていけば、
どんな不況にも関係のない安定収入を得ることができます。

収益の中でも家賃収入はインフレ・デフレなどにも関係なく、これから先の
不安な年金生活にも、収益があれば見通しが立つので、安心した生活が
送れるでしょう。

収入が増えれば、確定申告が心配な人もいます。

しかし、収益物件がある以上は経営者なので、それに関わるものは
経費になるのです。

大きな黒字にならない限りは、節税にもなるというのが不動産投資で、
保険や修繕費用など多くの物が経費になるため、収益を得ていても、
確定申告時に還付金として戻ってくることも。

そうなれば、さらなるプラスになるため、働く人には美味しい投資法なのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ