不動産の収益物件の選び方


HOME > 投資物件について



不動産の収益物件の選び方

競売マンション投資家の相沢です。

あなたは、不動産で収益物件を選ぶ時に、

『基準』を持っていらっしゃいますか?

もしまだお持ちでないようでしたら、
収益物件を選ぶ基準を持っておきましょう。

まず第一に「都心」であることです。

といっても、不動産投資の収益物件として、
東京都でしか選ばないということではありません。

人口が多い、または人口が増えている場所を狙うということです。

ここでは都心を参考にお話しますね。

多くの投資家たちが、より価値のある収益物件を探していますが、
やはり都心に注目する人が多いです。

ここ数年、値上がり傾向がある地域も多く、
不景気ながらも不動産は価格が上昇しています。

中古物件が増え、流通が多いというのも言えますが、

都心の物件は家賃が下がりにくく、
空き物件になる可能性も少ないです。

ですから、収益物件としては価値が下がりにくいのです。

次に、「建物の品質」です。

きちんとメンテナンスがされていない建物は老朽化します。
そもそも、建物もモノですから、古くなれば朽ちていくもの。

外壁はもろくなり、骨組みも鉄骨が錆びてしまいます。
木造の場合はシロアリ被害で耐用年数が短くなってしまうことも…。

せっかく将来的にも安定した収入を考え、不動産を購入したとしても、
修繕費用ばかりが負担となってはメリットがあるとはいえませんよね。

最後に「管理」についてお話します。

一棟なのか一室なのかによって管理の仕方は変わります。
一室であれば、建物の修繕やメンテナンスや掃除などを
することはないかもしれません。

でも、一棟となればそういう費用も必要となります。
掃除くらいなら簡単ですが、収益物件が遠くにある場合は
急な対応はできませんよね。

ですから、何かあった時に管理を任せられる状態に
しておかなくてはいけません。

このように、不動産を購入する時には、収益物件としてどんな
スタイルが自分に合っているかを考える必要があります。

ずさんな管理をしていては、入居者も不満になり退去を考えるものです。

ですから、収益を上げていくためには…と先々を考えて、、
自分の理想の形を作りあげていきましょう。

マイホームにしても収益物件にしても、不動産は大きな買い物です。

価格の安い不動産を購入したとしても、
数百万円という資産もしくは融資が必要となります。

それが、価値があがれば売買して、プラスになる
可能性も秘めているのが不動産投資なのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ