不動産の投資を考えるなら、人気のマンション


HOME > 投資物件について



不動産の投資を考えるなら、人気のマンション

不動産情報を見ていると、多くの中古物件を目にしますが、マンションの価格の
安さに驚くことはありませんか?こんな価格で中古マンションが購入できるなら、
賃貸より購入した方が良いと思う人も少なくないはずです。

しかし、安く購入ができるのであれば、マンションに住むのではなく、賃貸にすれば
毎月の収益が得られるのです。それが、今話題の不動産投資です。

家賃を5万円だとすれば、年間に60万支払うことになります。

安いワンルームマンションを購入すると、4年分でお釣りがくるものもあり、
修繕費用もワンルームであれば安く、毎月かかるものではないので、家賃収入から
ローン返済と積立とお小遣いを得ることができます。

また、金額的に融資をしてもらわなくても自己資金から購入できるものもあり、
そうなれば、積立とお小遣いがより多くなります。東京ではなくても、都心の
マンションはまだまだ低価格なため、不動産投資が始めやすくなっています。

ただ安く購入できるからという理由で購入しても、入居者がいなくては家賃収入が
ありません。自分が暮らしてみたいとは思えない物件では、下見にきた入居者も
同じことを思うでしょう。あくまで価格にこだわりすぎずに、入居率を考えていく
ことが大切です。

周辺環境が良ければ、多少古くても入居者はいます。

住み心地の良さ、快適さというのは、誰もが共通する条件になります。マンションを
購入する時は、自分が暮らすことを考え、必ず現地に行くことをオススメします。

大げさな話、最悪マンションに入居者がいなければ、自分が住んでも良いと考える
くらいの不動産を探してください。

というのも、将来的に、家族に残すものであれば、子どもたちや孫が住むかもしれません。

家賃収入を得ながら、値上がりをすれば売買もし、収益物件から居住物件に変える
という選択肢があります。

ンションの中でも都心は特にワンルーム人気になっています。通勤に楽なエリアに
独身が住むことが多いのですが、近年の離婚率の増加によって、更に単身向け
賃貸の入居者が増えています。

だからこそ、不動産で投資を考えるのなら、ワンルームのマンションが良いのです。

未婚率・離婚率が増えていく限りは、都心の単身向けマンションの入居率は高く、
初心者投資家にとっても、単身向けというのは修繕などの費用負担が少ないので、
収益物件としては最適です。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ