投資はより安定した収益のある物件選びを


HOME > 投資物件について



不動産があれば物件で収益を

日本の問題のひとつ、高齢化社会で不動産を持っていても空き家になり、
放置しているとか維持し続けている場合があります。

人が住まない家というのは老朽化も激しくなり、
その不動産に固定資産税を支払っているのももったいない話です。

そんな不動産があるなら、収益を考えれば、節税や安定収入を
得ることができます。

不動産を駐車場にするのもひとつの方法ですが、リフォームをして
賃貸にしたら、家賃収入だけではなく売るのも住むのも自由になります。

不動産は持っているでも資産にはなります。しかし、持っているだけでは
収益はありません。多くの人が不動産投資に目を向けている今、その
不動産を売って新しい収益物件を購入することも可能です。

また、将来的に子どもに残そうと空き家にしているのであれば、
ある程度のリフォームをしたら賃貸にすれば家賃収入を得ることができます。

よく「親が亡くなって、家が余っている」とか言いながら、放置している人が
いますが、収益物件を持っていることになります。戸建にしてもマンションにしても、
残しておこうと思うのであれば、賃貸にすれば人が住む家になり、家賃収入と
退去時に修繕費用を支払ってもらうことにより維持費用も変わってきます。

不動産投資が話題になり、多くの不動産が収益を目的として売買されています。

これから不動産を購入して資産を運用する場合もありますが、現在空き家が
あるのなら、不動産を購入することなく、不動産投資を始めることができます。

遠方で放置してあるのなら、その地域の不動産会社に相談をし、管理を
してもらえば入居者を探してもらい、毎月定期的な収益を得ることができます。

投資の中でも不動産は、入居者がいれば毎月必ず家賃収入があります。

そして不動産は資産にもなり、物件がある限り長期間の投資になり、
貸す・売る・住むと3つの方法を選ぶことができます。

今、安定した収入を得て、将来どうなるかわからない年金以外に老後も
収入を得て、家族には生命保険になる。

そんな不動産の収益は、魅力的で、不動産投資をする時には多くの
分野に専門家がいるので、アドバイスをしてもらうこともできます。

そのため安定感があり、計画のしやすい投資といえば、不動産が
挙げられるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ