不動産投資はアパート?マンション??


HOME > 投資物件について



不動産投資はアパート?マンション??

不動産投資をする時に、マンションかアパートか…
というのは選ぶ大切な基準になります。

初心者だと始めやすいのがアパートとか、マンションの一棟買いは
自己資金が多少あれば土地があり耐用年数も長いため、融資が
受けやすいとかいろいろ言われています。

たしかに一室では、空き室になれば収入はゼロですが、一棟買いは
空き室があっても、入居率が高ければ家賃収入でカバーしていくこともできます。

どれを購入するにしても、必ず大切なポイントは物件だけを見るのではなく、
立地条件や周辺環境、修繕履歴などの今までの管理を調べるようにしてください。

アパートの方が修繕費用は安いのですが、一棟買いをするのであれば、
骨組みをきちんとみなくてはいけません。木造の場合はシロアリに
注意してください。

また、一棟買いに共通するのは入居者を確認することです。

築年数の古いアパートの場合はお年寄りが多く、新しい入居者が
入ってこなくて取り壊しを視野に入れるような物件もあれば、
大学エリアでは学生が多く出入りが多い物件もあります。

大学エリアで周辺環境が良いのであれば、アパートでも入居率は高く、
出入りが多いと修繕費負担の少ないアパートの方がマンションより
メリットがあると考えられます。

しかし、今利回りが良いとか満室でも不便な場所だと、3月の
退去者と同時に入居者が入る確率が少ないことがあるので、
一部屋でも一棟買いでもマイナスになってしまうこともあります。

費用が少なく、負担も少ないアパートでも入居者が見つから
なくては投資しても家賃収入がゼロになってしまいます。

そのため、メンテナンスがきちんとされていて、立地条件と
周辺環境の良い収益物件の方が、多少高くても将来性があります。

それを考慮しつつ、どちらが欲しいかは決めても、アパートと
マンションの両方を視野に入れて収益物件を探していく方が、
賢い不動産投資をすることができます。

こだわりすぎてしまうと、良い物件を見過ごしてしまうことにも
なるので、あくまで不動産に投資する以上は、より収益のある物件を
選ぶことを大前提に色々な物件から検討してください。

家賃も手頃なアパートは比較的入居者も多くなりますが、入居者の
立場からすると、家賃以上にも外観や利便性を求めることがあるので、
それを念頭に入れておいてください。

入居者の立場になれば、おのずと良い物件を見つけることができます。

入居するつもりで楽しくアパート探しをしてください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ