分譲中古マンションと不動産投資


HOME > 分譲中古マンションについて



分譲中古マンションと不動産投資

最近になって不動産投資をする人が多くなってきています。

インフレやデフレに対して比較的影響を受けないというところが強みです。
また特に都市部を中心として地価の上昇が顕著になってきています。

このため、ちょっとしたバブルが起きつつあり、不動産投資に興味を持つ人が
多くなっているわけです。不動産投資の対象となる物件にはいろいろなタイプのものが
あります。不動産投資の対象の中の一つに、分譲中古マンションがあります。

分譲中古マンションに不動産投資をする場合には、物件自体の条件について
きちんと検討をしてから投資をすべきでしょう。

まずは分譲中古マンションの建てられた年度についてはきちんとチェックを
しておくべきです。年月が経過しているマンションであればある程、いろいろなところに
ガタがきている可能性があります。

ということは建物の修復をしなくてはならず、その費用はオーナーたるあなたの
負担となってしまいます。また定期的に耐震基準などの見直しが行われています。

ですから時間の経過している分譲中古マンションの場合、当時の基準は満たしていても
現在の基準を満たしていない物件である可能性も出てきます。

基準を満たしていなければ、これまた自分で基準に持たすような改修をしないと
いけなくなります。ですから分譲中古マンションに対して投資をする場合には、
いろいろなコスト面でのチェックをしておく必要があります。

分譲中古マンションに不動産投資をする場合には、部屋の稼働率も
想定しておかないといけません。いったん部屋が埋まればその住人がずっと住んで
くれるという保証はどこにもありません。

このため、もし住人が引越しをすればその後の借り手が見つかるまでに期間を
どう少なくするかということも、分譲中古マンションのオーナーにとっては頭を
悩ませるところかもしれません。

分譲中古マンションにおける傾向として、単身向けのマンションというのは
頻繁に引越しをすることが多いようです。このため、空き部屋になるリスクが
その分高くなるということになります。

分譲中古マンションに不動産投資をするということは空き部屋になってしまうと
1部屋しかっ所有をしていないと一気に家賃収入がゼロになってしまうことを
意味します。

ですからいかに安定して家賃収入を得ることができるかということを
優先順位の一番に持ってこないといけません。

分譲中古マンションでは建物をチェックすることも重要ですが、
周辺環境も住みやすいかどうかということについても注意を払わないと、
思った利益を出すことが難しくなったりします。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ