中古マンションは将来的に販売も楽しめる


HOME > 分譲中古マンションについて



中古マンションは将来的に販売も楽しめる

マンションの販売がとても多いですが、今は新築よりも中古の方が目立ちます。

新聞広告のチラシにしても、ポストの中に入っている大量のチラシにしても、
中古がたくさんあります。

それだけ多くの物件があるということは、豊富な物件数から
自分の希望の物件を選ぶことができるということです。

購入目的も自分が住むよりも収益物件としてマンションを購入することが
増えていますが、自己資金がなくても中古なら融資をうけやすくなっています。

新築はメンテナンスや修繕をする必要もないので、すぐに入居者を募集することが
できますが、中古となれば修繕をしてから入居となることもあるので、その分家賃収入が
送れてしまうこともあります。ただ、新築と中古とは販売価格が大きく変わってきます。

都心などのマンションでは、中古でも大きく価格が下がらないというような物件も
ありますが、そのような物件は将来的に中古でも価格が下がりにくいことが考え
られます。

将来的に売買も視野に入れるのであれば、まずは価格が下がりにくい物件を
探すことと、修繕をマメにして老朽化を遅らすことをしていくようにしてください。

一室の購入となれば、建物全体の管理をすることはできませんが、老朽化に
よる修繕や点検をマメにしておくことで、多少古くても空き部屋になりにくくなります。

賃貸に入居する時には、外観はもちろんのこと内観も重視になるので、設備が
充実していたり便利な環境の物件であれば、建物が老朽化しているとか骨組みが
どうなっているということは考えません。

しかし売買する時には、中古であれば必ず色々なところも当然のことながら
チェックをします。

買う時に建物を確実に確認しておけば、売る時にも同じように確認をされても
安心して売買をすることができるのです。

中古のマンションの場合は、収益物件にする以外に価格が上がった場合には
販売も考えて購入すると、更なる楽しみがあると思います。中古には中古の
良さが必ずあります。

便利で立地条件の良い場所からマンションは作られると考えれば、中古には
将来的に価格が上昇する可能性がある物件もあるため、不動産投資のために
より良い中古物件を探していきましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ