マンションを買うと活用法はいろいろ


HOME > 分譲中古マンションについて



マンションを買うと活用法はいろいろ

マンションを買うというと、大きな買い物になります。

今はマンションの購入目的に不動産投資を挙げる人がいますが、資産運用として
多くの人が投資する方法のひとつになってきています。マンションを買うと、
今までの金融商品と比べ、大きな違いはやはり毎月の家賃収入です。

現在マンションなどの賃貸物件に住んでいる人は、毎月どれくらいの家賃を支払って
いますか?その家賃が収益物件では、収入となります。
もちろんマンションを持っていれば、家賃が入るばかりではありません。

修繕やメンテナンスなどは大家さんとしての自分が負担する費用となってきます。
もちろん経費になるので、大いに節税対策にもなります。

入退去や老朽化による修繕があったから痛い出費だと思っても、その分の費用は
還付金としてある程度は戻ってくることがあるのです。

最初にフルローンにしているのであれば、毎月の返済のほかに、還付金を繰り上げ返済に利用するというのも良いでしょう。そうすれば、ローンの金利分を減らすことができるので、
より早く完済することができます。

サラリーマンであれば、会社によっては副業が禁止されています。

しかし、マンションを買うのであれば、マンション経営は副業としても禁止する範囲には当たらないのではないでしょうか。だからこそ、副業を禁止されている公務員などもマンションの経営を副業としている人が多いのです。

しかも、そのマンションにかかる費用というのは経費になるので、節税にもなります。

通常住居として購入しているのであれば、経費にはなりませんが、収益物件として
家賃収入を得ていれば、たとえ一室だとしても立派なマンション経営です。

今の日本はお金が取られるばかりで、何に対しても税金です。贈与や相続に関しても
税金がかかってきますが、同じマンションを持っていても、居住よりも賃貸の方が
相続税も変わってくるのです。

将来的に子どもたちが住めるようにと立地条件が良く、環境の良いところにお手頃な
マンションを見つけたら購入して賃貸にしておくというのも資産として収益物件を
持っていることができます。仮に価格が上がれば売買しても良いし、子供たちが
住まないのであれば、収益物件として残しておく方法もあります。

マンションを買うといろいろな活用法があり、不動産投資としての収益物件は
投資以外の目的で活用することができるということです。




競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ