不動産の中古物件は住むより賃貸がオトク


HOME > 分譲中古マンションについて



不動産の中古物件は住むより賃貸がオトク

不動産はたくさんの情報がありますが、売買情報をみていると中古物件の数が
かなりあります。

中古の一軒家から、マンションやアパートでは一室だけではなく
一棟丸ごとなんていうのも多く目にします。

それだけ流通のある不動産ですが、自分が住むためのものではなく、不動産投資として
いわゆる投資家たちが収益物件として売買していることがあります。一昔前なら、
いつかはマイホームと資産を持つことを夢にしてきた人たちも多かったでしょう。

でも、今は違います。子供に土地を残しても相続税がかかるし、子供たちはいずれ
マイホームに戻ってくるかもわからない。それぞれの家庭の暮らしを優先することに
よって、資産にこだわる人が減ってきました。

いつでも住み替えが自由な賃貸を選ぶようになれば、不動産も環境が良く、将来的に
人気になりそうな中古物件を購入して賃貸にすれば、毎月入居者が家賃を支払って
くれます。毎月安定した家賃収入があれば、退職後も安定収入が見込めるのです。

老後もローン返済さえ終わっていれば、100%自分の収入として入居者がいる限り、
確実に不動産がある限りは不労収入として入ってきます。そのうえマンション経営として、
経費を引けるともなれば、税金も大きく変わってくるのです。

もちろん売買も自由なので、退職金がない人であれば売って退職金にして
スローライフの足しにしても良いのです。

不動産は賃貸として家賃収入があるだけではなく、ローンを完済後にある程度して、
リフォームや修繕にお金がかかると思えば、時期を見計らって売ったとしても、手元に
残るお金はゼロではありません。

一棟だとすれば、必ず最低土地単価分は残るのです。それを考えれば、不動産購入で
土地がついている中古物件は、将来的に土地単価が下がらない物件を選ぶことも
ポイントになります。

投資でも色々な活用法のある不動産は資産運用だけではなく、将来性のある
リスクの少ないものだといえるでしょう。

中古不動産を購入後に自分が住むことで資産として持っているだけではなく、
収益を生み出してくれる方が、明らかに活かせる物件になるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ