家賃保証システムとは


HOME > 家賃収入、資産運用について



家賃保証システムとは

サラリーマン大家になる方は、不動産について
家賃保証という制度があるのをしっかりと知っておいた方がいいでしょう。

不動産投資をして、誰かに貸す場合には
肉親の方を連帯保証人として契約を交わして、
家賃の滞納があったときに保証人の代わりに家賃を払うというのが
一般的な制度だと思います。

しかし、最近では非常に無責任な借主が増えていて、
滞納していても払わないという保証人までいるのでです。

また、日本の家庭は核家族化がどんどん進んでいますので、
肉親の連帯保証人を付けないと言うような借主までいらっしゃるそうです。

しかし、そんな無責任な状態では貸している側からすると非常に困ってしまいますので、
そんなときのために家賃保証会社というものがあるのです。

これによって、借りるときに連帯保証人を立てなくても、
お金を家賃保証会社に支払うことでクリアするということが可能になります。

そして不動産オーナー側からすると、
借主の審査などの手続きなどを全て行ってくれますし、
もしも家賃の滞納があったときにも、保証会社に報告して確認が取れれば、
立て替えて支払ってくれます。

さらに、支払わないままで居座るような悪質な借主であった場合には、
立ち退きまでを行ってくれますので、安心して貸し出すことができます。

不動産を手に入れても、貸し出すときにトラブルに巻き込まれるのは
オーナーとしては避けたいですよね。

今ではそういった非常に便利な制度もありますので、安心して投資に臨みましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ