不動産投資で地震の被害を受けない場所の選び方


HOME > メールマガジン



不動産投資で地震の被害を受けない場所の選び方

こんばんは、競売マンション投資家の相沢です。

テレビを見ていると、毎日被災地と原発関連の
ニュースに釘付けになってしまいます。

日々明らかになる被害状況を見て、
本当に心が苦しくなります。

私も募金をさせていただきましたが、
今後も出来る限りの支援を行ってまいります。

さて、当然のことではありますが、
建物の『耐震性』に関心をもたれる方が
とても多くなってきました。

ですので、前回のメルマガでは、
『耐震性が高い物件を選ぶコツ』をお話しました。

前回のメルマガ記事はこちら
http://www.jwflorencecomm.com/maga/maga20110319.html

でも、メルマガ読者の方から
こんなご質問をいただいたんです。

「不動産投資の地震対策として、どんな場所の
  物件を選べば良いのか詳しく知りたい。」

やっぱり、今回の地震の影響でとても
慎重にならざるを得ないということですね。

あなたも、収益物件を選ぶときに、
地震の影響を受けない物件を選べた方が
安心できませんか?

そこで今回は、不動産投資の地震対策として、
どんな場所の物件を選べば良いのかを
お話したいと思います。

『地震はあるものとして考えてください』

これは内閣府防災情報によるデータです。

1994年~2000年の間に起こった
マグニチュード6以上の地震回数は、
世界中で780回計測されています。

そのうち、日本での計測が160回!

なんと世界で起こった大きな地震のうち、
約20%は日本で起こっているんです。

これはどうしようもないことですよね。

ですから、まず日本は地震が起こりやすい
という点を頭に入れておきましょう。

その上で、どんな場所の収益物件を
手に入れるかが大事になります。

今後、入居を希望される方は地震災害の
可能性を気にされるはずです。

でもそのためには、どんな場所が
危険な地域かを知っておく必要があります。

あなたは、安心して物件を選べる地域の
共通点をご存知でしょうか?

『地震で水・ガス・電気が絶たれる場所とは』

今回地震が起きたのは宮城県沖です。

でも、遠く離れた千葉県の浦安市では、
水・ガス・電気が絶たれてしまったんです。

下水管が押し上げられて、断水されました。
ガスの供給がストップし、停電になりました。

理由は『液状化現象』です。

液状化現象とは、地盤に多くの水分を含む、
ゆるい土地に起こりやすい現象のこと。

こういう土地の建物を選んでしまうと、
仮に倒壊の危険性が低いとしても、

ライフラインが絶たれてしまう場合があります。

埋立地に多いのですが、
次の2箇所には注意が必要です。

・川や海に近い地域
・埋立て後の経過年数が浅い地域

不動産は数ある資産の中でも形あるものです。
その形を失ってしまっては価値がなくなります。

ですから、収益物件を選ぶ時には、
土地自体もしっかり分析しておく必要があるわけです。

でも、もっと確実に地震の被害を抑える方法があるんです。

『安心して暮らしてもらえる地域とは』

地震の影響を受けない方法は次の2つです。

1つ目は、耐震性の高い物件を選ぶこと。

前回のメルマガでもお伝えしたことですが、
1981年以降、建物は新耐震基準で作られています。

阪神大震災でも多くの建物が倒壊しましたが、
新耐震基準で建てられた建物は被害が
少なかったことが分かっています。

でも、それ以上に注目すべきポイントが次の内容です。

■地震が少ない地域の物件を選ぶ

実は、今回の地震で『西日本』側の物件が
注目を浴びつつあります。

本来、首都圏が最も人口が多いので
投資に向いている地域になりますが、

自然災害については危険性が指摘されています。

反対に、西日本では大きな地震や
災害が少ないので、安全な地域といえます。

西日本側の都市といえば…

名古屋・大阪・京都・岡山・広島・福岡などです。

不動産会社の間でも、これらの地域への
ニーズが高まってくると話されています。

もちろん、首都圏の収益物件の需要が
なくなることは考えにくいですが、

今までよりも西日本側の物件が
注目されることは明らかです。

首都圏の物件の良いところは、
ニーズが高いことですが、

物件の価格が高い点はデメリットです。

でも、西日本になれば物件の価格は
当然安くなります。

しかも、競売マンションであれば、
その価格はさらに安くなります。

これまではニーズの面で劣っていると
考えられてきましたが、今後は高まります。

あなたも、これを機会に、西日本の
収益物件への投資を始めてみませんか?



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ