北風と太陽から学ぶ不動産投資


HOME > メールマガジン



北風と太陽から学ぶ不動産投資

新年あけまして、おめでとうございます!

競売マンション評価NAVIの相沢です。

2011年が始まりましたね!

「今年はいよいよ不動産投資にチャレンジだ」
「3つの物件を購入して、利回りを15%にしよう」

といったことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1月1日は、一年の中で最も目標を立てやすい日です。

あなたは、どんな目標をお持ちですか?

もしあなたが不労所得を得たいとお思いであれば、
まず、目標を立てましょう。

まだ目標をお持ちでなければ、これから立てることをオススメします。

でも、不動産投資の場合は目標を立てるだけでは不十分です。

なぜなら、目標を達成するためには、ある要素が必要だからです。

この説明には、ある昔話を使ってお話したいと思います。

あなたは、「太陽と北風」というお話をご存じでしょうか。

ある時、太陽と北風が勝負をしました。

勝負の内容は、旅人が着ていたコートをどちらが脱がすことができるのか。

北風は無理やり突風を起こしてコートを吹き飛ばそうとしました。

太陽は旅人に暖かい日差しを送ってコートを脱がそうとしました。

勝者は、太陽でした。

実は、この昔話からは、不動産投資で成功するための、
大切な要素を学ぶことができます。

それは、『喜ばれた結果が報酬となる』

ということです。

旅人はコートを無理やり脱がされることを嫌い、

太陽の暖かい日差しによって、
喜んで自らコートを脱いだわけです。

これは、借り手に喜んでもらえる
物件を提供するということにつながります。

借り手とはつまり、入居者さんのことです。

あなたが目標を達成するためには、
誰かがあなたの物件を借りるということですよね。

ということは、誰かががあなたの物件を借りて、
喜んでくれているはずなんです。

喜ばれない物件を貸そうとしても、
難しいと思いませんか?

もし、あなたがどんな物件が
入居者さんに喜ばれるのか分からない。

という場合は、こちらの内容を参考にしてみてください。

きっと、収益物件を選ぶ基準になると思いますよ。

実は、入居者さんがマンションを借りる目的は、
次の3つに大きく分類することができます。

・子供優先
・仕事優先
・夫婦優先

まず、『子供優先』の場合について解説しますね。

駅から離れた場所の物件を選ぶ場合は、
家族で住む場所として有望です。

街のど真ん中のマンションはあまり好まれません。

なぜなら、知らない人が大勢いたり、
車通の激しい場所で子供を育てたいとは
思わない方が多いからです。

駅から離れた場所は、基本的に住宅地です。

小学校や中学校が近くにあり、
近隣住人の顔も分かります。

ですから、都会のマンションを選ぶ時には、
この点に注意しなければ、周囲が事務所だらけの
マンションを提供することになってしまいます。

次に、『仕事優先』の場合です。

まず、仕事優先にしている方とは、
サラリーマンや事業主である場合が多いです。

単身者用マンションはもちろん、
事業用マンションとしてもニーズがあります。

この物件のポイントは、とにかく利便性です。

駅に近いなどの交通の便が良く、
外食等の設備が整っている地域の物件は
喜ばれるでしょう。

つまり、仕事優先の方が借りるマンションとは、
その場所が生活の場ではないということ。

マンション内の設備が充実していなくとも、
ニーズがあると考えられる物件です。

最後に、『夫婦優先』の場合です。

夫婦二人とは、もう子供が育って
余生を過ごすためのマンションという見方です。

2DKなどの手軽なスペースが好まれます。

また、年齢を重ねていることで、徒歩の負担が
大きい立地は嫌われるかもしれませんよね。

ですから、駅にほどよく近かったり、
静かな余生をおくれる閑静な地域も好まれます。

このように、ライフスタイルを分類していくと、
必要とされている物件がどんなものなのかが
明確になっていきます。

安いから利回りが良いというのは当然ですが、
そこだけを見ても借り手がいなければ無意味です。

ですから、不動産投資をする場合は、
太陽のように喜ばれる大家さんを目指しましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ