不動産投資にたくさんのお金が必要ない理由


HOME > メールマガジン



不動産投資にたくさんのお金が必要ない理由

こんばんは、競売マンション評価NAVIの相沢です。

不動産投資に興味がある方から、
一番よくいただく質問は次の内容です。

「不動産投資ってたくさんお金が必要ですよね?」

でも、その答えは「NO」です。

実は、不動産投資を始めるにあたって、
相当の資金を準備する必要はありません。

不動産投資をやったことが無い人の場合、

「不動産って高額なものだから、まとまった
  現金も無いし、自分にはできない。」

と考える方が多いようです。

私も最初はそう思っていました(笑)

不動産投資は元々お金を持っている人だけが
できる投資の手段だと思い込んでいたからです。

でも、実際は違ったんですよね。

どう違うのかというと、不動産投資を始めるにあたって、
ローンを組むことが一般的になっているからです。

銀行などの金融機関でも、不動産投資を行うための
窓口が用意されています。

ローンを組むことについて、あなたはどう思いますか?

もしかすると、こんな風に思っているかもしれませんね。

「ローンって要は借金だし、ちょっと抵抗があるなぁ。」

確かにその考えは間違っていません。

でもちょっと待ってください。

お金には2通りの使い方があるんです。

1つ目は、自分の欲求を満たすためにお金を使う。
これは典型的な悪い借金です。

2つ目は、自分や家族の将来のためにお金を使う。
これは、投資するための借金です。

一番の違いは、

『お金が減ることに対してお金を使うのか、
  お金が増えることに対してお金を使うのか』

という違いです。

不動産投資は、お金が増えることに対して組むローンです。

例えば、毎月10万円の返済で1000万円の
マンションを購入したとしましょう。

毎月の返済額は10万円ですが、そのマンションが
家賃収入で10万円を稼いでくれれば負担がありません。

いかがでしょう?なんだかできそうな気がしてきませんか?

その「できるかも!」という気持ちが大切ですよ。

そして、投資マンションを購入するにあたっては、
低資本で投資するために『レバレッジ』を利用します。

レバレッジとは、『てこの原理』のことです。

なんだか小学校の理科の授業で聞いた言葉ですよね。(笑)

例えば、あなたが1000万円の収益物件を購入するとき、
100万円の頭金を準備して、残り900万円は借りたとします。

すると、100万円の資本で1000万円の
物件を購入したことになります。

つまり、自分の元手よりも大きな金額で
投資することをレバレッジ投資といい、

『少ない力で大きな収益を生み出す』という手法です。

この方法を活用すると、少ない資金でも
複数の物件に投資することも可能になります。

同じ収益物件を、1件目、2件目、3件目…と増やしていった場合、
300万円の資本で3000万円のお金を動かすこともできます。

収益の柱が増えれば、得られる収入も増えていきますよね。

不動産投資の魅力は大きな利回りです。

今の時代は金利が安くて預金する意味がなかったり、
年金をあてにして生きていくことも難しいです。

年金生活を迎えた時や、今の年収とは別に、
あと100万円、あと500万円あったとしたら…。

と考えると、今からの行動ってとても重要ですよね。

仮に、お金を貯めてから収益物件を買うという安全策を
選択すると、十年以上先の投資になってしまいます(笑)

それでは意味がないはずです。

ですから、たくさんの資金が必要ない代わりに、
今回の内容を頭にいれておきましょう。

借金についての考えを改めておくこと。

そして、少ない資本で大きな収益を生む
という考えを持って始めましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ