競売物件は売買の手数料がかかりません


HOME > メールマガジン



競売物件は売買の手数料がかかりません

こんばんは、競売マンション評価NAVIの相沢です。

不動産を購入する場合、一般的には手数料が必要です。

でも、競売物件ならその手数料がかかりません。

「手数料なんてたかが知れてる額じゃないの?」

と思うかもしれませんが、実はなかなかの金額です。

あなたは、仲介手数料という言葉を
聞いたことはありませんか?

仲介手数料とは、不動産業者を仲介として
売買を行うときに支払う料金のことです。

どのくらいの金額なのかというと、例えば、
あなたが次の価格の物件購入するとします。

・仲介手数料

500万円の物件の場合…21万円

1000万円の物件の場合…36万円

1500万円の物件の場合…51万円

2000万円の物件の場合…66万円

2500万円の物件の場合…81万円

いかがでしょう。

なかなか馬鹿にならない金額ではありませんか?

これだけのお金があれば、
家具や家電、内装にまわすことができます。

もし、仲介手数料が不要な物件があるとしたら、
お得な物件だと思いませんか?

その物件とは、競売物件です。

「でも、仲介手数料がかからない物件ってたまに見かけるけど?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにそうですね。

実は、不動産の売買の形式によっては、
仲介手数料が不要な物件もあります。

『売主』から買う場合と、『代理』という形式の場合は
手数料がかかりません。

売主とは、不動産を保有している人のことです。

例えば、不動産会社が保有している物件を
売り出している場合は、売主が不動産会社になります。

ですから、その場合は『仲介』には当たらないので、
仲介手数料が不要です。

代理とは、不動産会社が売主の代理人となって
売買契約を結ぶ形式のことです。

本来、買主にあたるあなたが支払う手数料を、
売主の人が負担してくれるケースがあります。

この場合は、仲介手数料が不要になります。

不動産の広告を出す場合、取引形態を
明記しなければいけないというルールがあります。

ですから、気になる物件がある場合は、
取引形態を確認しておくことをオススメします。

「それなら競売物件でなくても、手数料負担が
  無い物件を探せばいいのでは?」

と思うかもしれませんが、仲介手数料は
不動産屋さんの大きな利益の柱です。

ですから、なかなか買い手である私たちが
得する物件は少ないというのが現状です。

競売物件の場合、すべての物件において
仲介手数料が発生することがありません。

なぜなら、売主が裁判所だからです。

裁判所の競売という仕組みを通じて
売買の契約を結ぶため、仲介手数料が不要です。

ですから、どんなに物件価格が高くても、
仲介手数料が0円になるのです。

しかも、競売物件の場合は、

選べる物件の数が多い、という点が大きな魅力です。

不動産屋さんから紹介される物件ではなく、
あなたの目的に沿った物件を自分で探せます。

そして、得した仲介手数料分をリフォームなどの
設備投資に回して、他の物件との差別化をしておきましょう。

東京の競売物件には夢がある

全国の競売物件の中でも、最も掲載件数の多い物件は東京の競売物件です。

人口そのものが多いため、競売にかけられる物件の数も多いのです。
また、東京の競売物件は、全国的に見てもマンションの数がダントツに多いのも特徴的です。

戸建は非常に個性のある建物ですが、マンションの場合は
比較的万人受けする間取り、設備、立地が整っています。

したがって、東京の競売物件はまさに狙い目の物件だらけです。

また、東京の競売物件は、他の地域にはないある特性があります。
それは、東京の競売物件には掘り出し物が多いということです。

東京は土地が狭いにも関わらず建物が密集しています。
ですから、利便性が高い地域には既にあらゆる建物が完成されています。

しかし、競売物件の場合は所有者の意思に関係なく売却されます。

そのため、東京の競売物件の中には、通常ならばまず売り出されるはずがない
大人気の地域の物件を安価で購入できる可能性があるのです。

競売マンション評価NAVIでは、東京の競売物件の中でも
マンションに特化した情報を掲載しています。

また、各物件のリスク分析をしているため、
優良物件を選別する判断に使用することができます。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ