不動産投資は雨を防ぐための傘


HOME > メールマガジン



不動産投資は雨を防ぐための傘

突然ですが、あなたにとってお金を貸したくない人とは、
どんな人ですか?

今からご説明する人に、お金を貸してあげたいか
どうかを判断してみてください。

仮に、Aさんとします。

Aさんは、年収500万円です。
でも、Aさんは、毎年800万円以上使う超浪費家です。

ですから、毎年300万円ずつ借金を積み重ねていて、
なんと、現在借金の総額が1億円!

しかも、年800万円必要な生活スタイルにも関わらず、
年500万円しか稼ごうとしないナマケモノです。

それどころか、毎年重ねる300万円の借金を、
あなたに貸してくれと言ってきます。

さて、あなたはAさんと付き合いの長い友人です。

お金を貸してあげたいと思いますか?

もし、「貸してあげたい」と答えた人がいるとしたら、
よほど裕福で奇特な方かもしれませんね。

もちろん否定はしませんが、私なら絶対にNOです。

恐らく、あなたも同じ答えだと思います。

「もっと働け!」
「浪費グセを正せ!」

と言いたくなってしまいますよね。(笑)

そんな友達を持たなくて良かったと思うかもしれませんが、
実は、あなたにも私にも他の誰でも身近に存在する人なのです。

「え?どういうこと?そんなヤツいないよ」と思うかもしれませんが、
そんないい加減な人に、あなたも私もお金を強制的に貸さないといけないのです。

もう誰だかお分かりでしょうか?

実はAさんとは人ではなく、
あなたも私も生活するこの『日本』のことなのです。

日本の毎年の国家予算は約80兆円です。
でも、税収は50兆円程度しかありません。

つまり、30兆円分の必要経費は常に借金でまかなっているのです。

さらに、国家予算80兆円のうち20兆円は借金の返済にあてられます。

ということは、20兆円の借金返済のために
新しく30兆円の借金しているということです。

しかも、20兆円もの借金返済のうち10兆円は利子の支払いです。
元本は10兆円しか返済できません。

要は、毎年10兆円の返済をして、30兆円を借り続けているわけです。

私は先程、Aさんにお金を貸したくないと答えました。
そのかわり、「もっと働け!」「浪費グセを正せ!」と言いたいわけです。

あなたも同じ意見だとすると、
Aさんのすることはとても簡単です。(笑)

年間50兆円しか徴収できていない税金を
大幅にアップさせるということです。

既に、毎年借金しなければ返済できない状態で、
支出の割合を減らすことはできません。

それどころか、その支出の割合は増える一方です。

それが、少子高齢化問題です。

お年寄りの方が年々増加していることで、
人口のバランスが三角形ではなく逆三角形になりつつあります。

医療負担が上がっていくことは目に見えています。
そのため、医療に費やす予算の割合は増えることは当然です。

残された道は簡単で、税金を大幅に引き上げる(大増税)ことです。
日本がもっと稼ぐためには必然的に増税という話になるわけです。

もちろん他の道もあるでしょうし、政府も様々な対策を立てています。

ただ、私たちの今の生活環境は何も変わらないことは
あり得ないと思いませんか?

あなたも私も貸してはいけない人にお金を貸し続けています。
つまり、日本で生活する以上避けては通れない税金を
支払い続ける必要があるのです。

でもその税金は自転車操業のようにして使われているのです。

いつか私たち国民にその負担が強いられます。

そうなった時に慌てても遅くないですか?

天気予報で雨が降ると分かっているのなら、
誰もが傘を持って備えるはずです。

日本経済は雨が降るのと同じです。
もしかするとヤリだって降ってくるかもしれません。

あなたは、雨が振ってずぶ濡れになってから傘を用意しますか?
それとも、天気予報にしたがって傘を用意しておきますか?

答えはもうお分かりですよね(笑)

さて、答えが見つかったところで、
どうやって対策するかということになります。

たくさん働いてお金を稼ぐことはできますが、
あなたも私も1日24時間しかありません。

1日80時間でもあれば、お仕事を3つ4つと
掛け持つこともできるのかもしれません。

でも、物理的にも肉体的にも不可能ですよね。

あなたの代わりに働いてもらう何かが必要なのです。

そこで、あなたの分身となってお金を稼いできてくれるものが、
不動産投資というわけです。

つまり、建物に働いてもらうのです。

その建物が月に5万円稼いでくれるとしたら、
2つで10万円、3つで15万円…。

このように、あなたの代わりに働いてもらいましょう。

そうすると、あなたの時間は失われず、
お金が増えていく仕組みができあがります。

特に、競売不動産のように、中古物件よりも安く手に入る
不動産市場は他にありません。

東京の競売物件には夢がある

全国の競売物件の中でも、最も掲載件数の多い物件は東京の競売物件です。

人口そのものが多いため、競売にかけられる物件の数も多いのです。
また、東京の競売物件は、全国的に見てもマンションの数がダントツに多いのも特徴的です。

戸建は非常に個性のある建物ですが、マンションの場合は
比較的万人受けする間取り、設備、立地が整っています。

したがって、東京の競売物件はまさに狙い目の物件だらけです。

また、東京の競売物件は、他の地域にはないある特性があります。
それは、東京の競売物件には掘り出し物が多いということです。

東京は土地が狭いにも関わらず建物が密集しています。
ですから、利便性が高い地域には既にあらゆる建物が完成されています。

しかし、競売物件の場合は所有者の意思に関係なく売却されます。

そのため、東京の競売物件の中には、通常ならばまず売り出されるはずがない
大人気の地域の物件を安価で購入できる可能性があるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ