競売の情報


HOME > 競売物件について



競売の情報をより知るためには

不動産を購入する時の方法のひとつに競売があります。

最近では、業者だけではなく個人での購入者もいるため、裁判所も新聞広告に
出したりと積極的になっています。最低価格が市場で購入するよりも4割以上も安く、
入札価格を自分で決めることができるため、安価で不動産を手に入れることができます。

また、仲介業者がいないため、仲介手数料や諸費用なども必要なく、消費税もかからない
ので、一般的に購入するよりもかなり安価で購入できます。そのため、不動産投資をする
際にも注目されてはいますが、下見ができないことから、購入後に思わぬ修繕費が
必要になったり、何らかの状態で居座る人がいたりすることもあります。

そもそもどうして不動産が競売で売却されるのか。ほとんどの人が知っていると
思いますが、債務がどうにもならない時に、差し押さえられた不動産を売却することで、
債務の返済に充てられています。自己破産という言葉が話題になった時代より前に
あったものですが、自己破産が増えてから不動産の売却を競売に…というパターンが
増えていると言っても良いでしょう。

正直ワケあり物件みたいで嫌だと思う人もいると思います。たしかに、ローンや借金が
払えなくなった不動産と聞くと、住んだり購入したりするのは気が引けるかもしれませんが、
実は市場の中古物件にも競売業者が落札した不動産があるのです。

しかも、その数は1年間にすると1000件ほどあると言われています。つまり、
落札された格安の不動産が、全てを終わらせて修繕された状態で、今見ている
中古物件の情報の中に売り物件として販売されているものがあるということです。

そうなれば、もちろん落札業者の利益もプラスされているということなので、
不動産投資する際の不動産を自分で落札することができたら、かなり格安で手に
入れることができるかもしれません。

しかし、現地の状況など詳しい状況を素人では情報を把握できないこともあります。
そのため、購入後に無駄な費用が増える可能性もあるので、自分ではよくわからないと
言う場合は、代行やアドバイスをしてくれるプロに相談することをお勧めします。

その費用を支払ったとしても、不動産の価格が安ければ最終的には、通常購入より
安価になれば、メリットのある方法になります。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ