裁判所が扱う競売物件は安心のシステム


HOME > 競売物件について



裁判所が扱う競売物件は安心のシステム

競売物件というものは、 裁判所が借金の担保などとして差し押さえた
土地や家などを、インターネットオークションで販売するというものです。

一般的な例でこれをたとえてみると、
お金を借りたのにそのお金を返さない人がいました。

これでは困るので、その人が持っているものを裁判所に手伝ってもらって、
質屋に持って行き、そこで売れたお金と貸したお金を相殺するといったことを
イメージするとわかりやすいかもしれません。

裁判所を通す取引ですから、非常に安く購入することができるということで、
個人投資家の間でも非常に人気の物件購入方法になっています。

しかし、この競売物件というものは占有屋などと呼ばれる執行妨害が
非常に多かった時代が過去には存在していました。

これはなにかというと、不動産を競売で落札したとしても、
別の新しい入居者(占有屋)が入居してしまっていて、 せっかく落札したのに、
その人が出て行かないと不動産を利用できないということになってしまいました。

しかし、もちろん今ではそういったことができないように、
安心して取引できるような仕組みであったり、法制度が完成していますので、
個人投資家でも簡単に参入できるようなシステムになりました。

今では裁判所がバックについて、法的な処理をしてもらえますので
非常に安心して資産運用として、競売物件取引に参入できます。

もしも、家の購入に興味があるのであれば、競売物件の購入は非常にお得なので、
当サイトを参考にしてみてください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ