競売物件は通常の不動産より安く手に入る


HOME > 競売物件について



競売物件は通常の不動産より安く手に入る

最近競売物件というものが話題ですが、これについて簡単に説明していくと、
裁判所が差し押さえた一軒家やマンション、土地などといったものを
一般の方にオークションによって販売するというものです。

詳しく見ていくと、債務者が家賃などの支払いが滞ってしまった場合に、
債権者が裁判所に申し立てをして、裁判所が物件を差し押さえます。

そしてその物件を一般に公開して売却することによって、
その代金を債権者に払うという形式の不動産売買の方法になります。

言葉としては、担保の差し押さえというと聞き慣れている方もいるかもしれません。

またこの方法では、裁判所がその売買の仲介に入りますので、
通常の不動産販売と違って、無駄に中間コストなどが入りません。

ですから、安く購入することができるとインターネットなどを中心として、
話題になっていますし、最近では全ての物件情報がインターネットで
閲覧することができて、不動産屋だけでなくて、不動産投資を行う方、
そして住宅購入を予定している方などに利用の広がりを見せています。

しかし、通常の不動産販売と競売物件というものは違う点があります。

権利関係について、いろいろと複雑な場合も存在しますし、
落札できたと思っても使用が自由でないということもあります。

また、購入した物件に傷が付いていたり、思わぬ汚れなどで
リフォームをしなくてはならないような場合にも、全て自己責任になります。

ですがメリットはたくさんありますから、サイトなどで知識をつけて
競売物件投資にチャレンジして見ましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ