不動産は競売で購入


HOME > 競売物件について



不動産は競売で購入

不動産を探しているときに、周りの相場に比べるとやけに安いと思われる物件が
たまにあります。確かに不動産を購入する方からすると好条件のように思われますが、
もちろん価格が安いのには裏があります。

このように周りの競売の相場に比べると価格が安くなっているものを訳あり物件という風に
呼びます。訳あり物件になる理由は主に2つの事柄が考えられます。

まず物理的な瑕疵によるところです。まずは不動産自体に問題を抱えている場合です。

住宅として異質なところがあってやや住みにくいといったことがあげられます。
また立地条件で瑕疵がついてしまうこともあります。極端なところにある建物だと、
どうしても訳あり物件の仲間入りを果たすことがあります。

もう一つの理由は、心理的な瑕疵によるところです。よく聞く話かもしれませんが、
過去に自殺があった場所や近くに事故があって死亡者が出たといった場所は
嫌がられる傾向が強いです。ただでさえ気味が悪いですが、加えて幽霊や
お化けが出たとなるととてもではないが住めないという話になるわけです。

訳あり物件は多くの人が嫌がる傾向があります。ですから決して不動産投資を
する場合にはおススメの不動産とは言えません。

しかし場合によっては競売で安くていい買い物をすることができたと感じる
ケースもあります。

特に物理的な瑕疵によって価格が安くなっている訳あり物件については、
好意的に解釈をする人も少なくありません。ですからやや周りの賃料よりも安く
設定をすれば、けっこう部屋は埋まる可能性があります。

また物理的な瑕疵を宣伝に活用するという発想もあります。

例えば、少し見た目が古臭いのであれば、思い切ってさらに古いテイストに
変えてしまうという方法もあります。そしてノスタルジックさを不動産の売りに
してしまうのです。

範囲は狭いですが、ややマニアックな人のニーズにこたえることができ、
立地条件によっては多くの人を集めることができるかもしれません。

一方で心理的な瑕疵のある不動産についてはあまりお勧めとは言えないでしょう。

別に事務所として使うといったように一時的に利用する場合には
問題ないかもしれませんが、そこで住居として長い時間を暮らすという
発想を持つ人は少ないでしょう。

訳あり物件の不動産のオーナーになるということは、マイナスからのスタートです。

やりがいがあるととらえる人もいるかもしれませんが、柔軟な発想がないと
なかなか不動産経営を軌道に乗せることは難しいかもしれません。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ