競売物件を安価で購入


HOME > 競売物件について



地裁の競売物件で不動産投資を広げよう

地裁というと、色々な裁判が行われる場所と考えがちですが、不動産投資にとっては
大切な場所です。

最近ではテレビなどでも競売が話題になりましたが、地裁に行けば誰でも不動産件情報を
閲覧することができます。そのため、一般の人でも夢のマイホームを手に入れようと、
熱心に閲覧していることがあります。

また、その一般の人の中には個人投資家もたくさんいます。地裁で落札すれば、
中古不動産を不動産業者から購入するよりも安価で手に入れることができるため、
初期費用の負担を軽減できます。

でも、地裁の競売なんて難しそう…と思うかもしれません。インターネットで検索をすれば、
かなりたくさんの情報があり、入札から落札後までを説明してくれているサイトもあります。

また専門業者もたくさんいるため、入札から落札までを一任する競売代行や、アドバイスをしてくれる専門業者もいますので良い不動産を選べます。法律も変わってきているので、後々のトラブルも減り、初心者投資家でも簡単に入札に参加できるようになってきました。

その背景には、やはり地裁にはたくさんの不動産があるということが言えます。

不景気になり、マイホームを手放す人が増えましたが、債務整理という形をとっている
人も大勢います。自己破産の次は債務整理という形が一般化されていますが、
マイホームの売買法が地裁での競売なのです。

ローン返済が無理になり、マンションなどではローンだけではなく積立や共益費なども
滞納しているので、地裁の不動産情報を見ていると、マンションの場合は滞納金が
あります。

20万円ほどのものから100万に近いものもあり、マンションの組合としても、この
滞納金を支払ってもらえた方がありがたいのです。悪く取られがちなイメージもありますが、決してそういうワケではありません。

地裁が介している時点で、法的にも有効な方法であり、イメージも変わりつつあります。
だからこそ、一般の人が地裁に足を運ぶのです。

これからも増え続ける競売物件は、不動産投資には最適な安価な物件がたくさんあります。地裁の物件情報を活用すれば、資産運用の幅を拡大も夢ではありません。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ