裁判所の競売を賢く利用しよう


HOME > 競売物件について



裁判所の競売物件を賢く利用しよう

裁判所というと、日本全国各地に地方裁判所があり、様々な裁判が行われているイメージがありますが、最近では競売物件情報を目的として、多くの人が裁判所を利用しています。

誰でも入札に参加できることから、不動産業者だけではなく一般の人も裁判所の競売に
参加しています。近年、競売に対する感覚も変わってきて、新聞にも裁判所の不動産物
件情報が記載されていたり、インターネットで閲覧できるようになったりと誰でも参加しやすくなっています。

入札だけなら誰でもできることで、特に知識はいりません。
しかし、入札相場がわかっていないと、無駄に高額な落札額で入札してしまうことが
あります。本来なら500万円くらいなのに800万で入札をしたとしたら落札はできますが、他の人が500万にした理由は落札後の費用も含めて妥当な入札額となります。

入札の適正額がわからない時には、過去の裁判所データからだいたいのことがわかります。
マンションの場合は、管理費などの滞納も考慮していかなくてはいけないのですが、
ある程度法律の知識が必要な物件もあります。わからない時には無理をせず、
専門家に依頼してください。

裁判所で不動産投資に最適だと思う不動産を見つけた時には、今の状況から
どれくらいの費用がかかるかを想定したうえで、適正な入札額を考えなくてはいけません。

安く落札できた!と喜んでいると、後々の費用で大失敗してしまうこともあるのです。
そこで、賢くわからないことは専門家に相談をするわけです。

もちろん、裁判所の不動産でも何も問題なく、落札してスムーズに収益にできるものも
あります。入札から入居者が入居するまでの段階には、いくつかの法律が関わってきます。

それをクリアして、不動産投資家が競売を利用しています。つまり難しいものではない
のです。初心者で何もわからない時は勉強する。

そして、裁判所情報に詳しい専門家にアドバイスをもらいながら知識を増やしていけば、
裁判所の不動産でも個人で手に入れることができます。

法律も変わってきているので、落札後にトラブルが起こらないような法律もあります。

これからどんどん裁判所を活用して、不動産投資の枠を広げてください。

みんなが参加すれば、おのずと競争率が高くなるので、早めの勉強がより
メリットになるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ