裁判所で良い物件を探すために


HOME > 競売物件について



裁判所で良い物件を探すために

以前では裁判所の物件というと、良いイメージがあまりなかったかもしれません。

しかしここ最近では新聞広告に掲載したり、裁判所も色々競売物件に対しての
認知度を高めています。

そのため、不動産業者だけではなく一般の人や個人投資家なども、
裁判所の物件に興味を持つようになりました。

住宅の購入には、下見をする以外にも立地条件や間取りや構造など、
細かく下調べはすると思いますが、競売であっても裁判所が調査をして
書類を作成します。

物件明細書には、物件の権利関係が記載されており、現況調査報告書には、
物件の現在の状況が記載されています。

そして、周辺環境などを評価した評価書があり、評価額なども記載されています。

これを一般的に3点セットといい、裁判所に行けば簡単に確認することができるのです。

一般的に購入するのであれば、下見ができるのですが裁判所の競売物件は
下見をすることができません。そのため、最低限のことがわかるように3点セットが
用意されているのです。

しかし、なかなか裁判所に行く暇がなかったり、手軽にいつでも見たいと
いうのであれば、BITというサイトがあります。

いつでも自由にホームページにアクセスして、検索をすれば日本全国から
希望物件を探すことができて、3点セットを手に入れることができます。

また、物件の種類・最低売却価格・所在地・沿線・物件の面積と間取りと
階数などの条件から一覧を出すことができて、PDF形式でダウンロードも
できるので、とても便利です。

実際に見てみると、管理費の滞納状況や現在の入居者、ペットについてや
内装の汚れ具合など細かな記載もあり、部屋の写真も確認することができるので、
今現在の入居状況を把握できます。

ある意味、退去してしまってから下見に行くのとは違うので、入居者の部屋の
汚し具合とかも確認をすることができることもあり、散らかった部屋でずさんな
状態では、メンテナンスも行われていないことがわかることがあります。

上手に裁判所を活用したとしても、やはり周辺状況の確認や専門家に
アドバイスをしてもらい、確実な物件選びをすることをお勧めします。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ