競売の落札後は専門家に任せて安心


HOME > 競売物件について



競売の落札後は専門家に任せて安心

近年、
競売に目を向ける個人の不動産投資家や一般の人たちが増えています。

中古物件を購入するには安価な方法で、落札額が4割前後も安いということもあり、
夢のマイホームが希望金額で手に入りやすくなっています。

競売の入札に参加することは誰でもでき、競売物件情報を簡単にすることが
できるのですが、入札することよりも落札した後の方が、忙しくなります。

債権者や所有者などが不服申し立てをしない場合、買受人となり裁判所が指定した
期日までに保証金を差し引いた落札価格を納付しなければいけません。

そして、裁判所が所有権移転登記の嘱託をしてくれ、
引き継がなくても良い権利は抹消することができます。

賃借権などがない場合には、引き渡しを占有者に要求することができ、立ち退きに
関しては、落札者個人と占有者との話し合いになります。

立ち退きに応じてもらえない場合や、家財などが残っている場合には、強制執行や
引き渡し命令の申し立てなど、法的措置を行うことになりますが、法律に関しては
専門家にお願いをする方がスムーズに先に進むことができます。

せっかく競売で落札しても、ここが上手くいかないと先へ進みません。

ただし、入居目的であるのなら困りますが、不動産投資となれば目的は家賃収入です。

収益物件になるので、占有者や賃貸になっているのであれば、話し合いのもとに
新しく賃貸契約を交わすこともできます。

もちろん、これにもある程度は専門家のアドバイスが必要になる場合があります。

たとえば、賃貸になっていたとしても、どんな事情で入居をしているかわかりません。

場合によっては家賃滞納もあり得る話になるのです。その時はきちんと退去して
もらえるような万全な計画を立てたうえで、賃貸契約を結んでください。

競売物件はかなり安く購入でき、裁判所が管理しているため安心で、権利移動も
手数料もかからず裁判所が行ってくれるなどのメリットがあります。

しかし、占有者や所有者に対しての対処は自己責任となるため、競売で落札後、
重要なところは専門家に依頼する方が、安心なこともあるのです。

いざと言う時の対応も念頭に入れておきながら、不動産投資で役立つ収益物件を
競売で探してください。もちろん、信頼できる専門家はたくさんいますので、
競売情報は欠かさずチェックすれば、お得な不動産投資ができます。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ