住宅競売を活用しよう


HOME > 競売物件について



住宅競売を活用しよう

不動産投資をする時に、中古物件情報を検索すると思いますが、
その中には不動産業者が住宅競売で落札した不動産も数多くあります。

競売と言うと、一昔前はあまり良いイメージがありませんでした。

しかし、この不景気で債務整理のために、たくさんの住宅競売物件がたくさんあります。
そのため、不動産業者だけではなく一般の人も住宅競売に参加をしています。

安価で購入できるため、競売代行や落札後も弁護士や専門家に相談しながら、
確実に格安物件を購入して不産投資をしている個人投資家もいます。

住宅競売の場合は、落札した後も退去までの期間があり、それから修繕が
必要になります。必要以上にお金をかけずに、失敗しないためにも住宅競売に詳しい
専門家にアドバイスしてもらう方が、よりスムーズに手に入れることができます。

また、市場価格の4割となれば、修繕費用や専門家に費用を支払ったとしても、
消費税や手数料がない分マイナスにはなりません。

一般の人も注目する住宅競売は、初心者でも競売の事さえ知っておけば
参加しやすいです。

不動産業者が注目している物件となれば、おのずと競争率が高くなるので、
落札しにくくなってしまいますが、上手に活用をしていけば、お得に収益物件を
手に入れられます。また、不動産投資は家賃収入だけではありません。

購入後は転売もできるので、売買によって利益を得ることも可能です。貸すのも
売るのも自由なので、自分の計画に合わせて、資産運用をしていくことができます。

一室購入したのとは違い、一棟買いや一軒は売買目的もあります。

売る時点でより良い状態を保つかというのも大切なポイントで、修繕をして価値の
ある不動産として、土地が値上がりした時には売ることも念頭に入れておいてください。

もちろん購入後に、貸さずに売る方がメリットのある不動産もありますので、その場の
状況に合わせて判断していきましょう。

判断に困る時や、どうして良いかわからなくなった時には、長い付き合いのできる
住宅競売の専門家にアドバイスをしてもらいながら、良い不動産選びをしてください。

まだまだ安価で購入できる不動産を、住宅競売で更に安価で手に入れていけば、
投資で安定した収入が得られます。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ