競売で適正価格の依頼する時の鑑定料


HOME > 競売物件について



競売で適正価格の依頼する時の鑑定料

競売では、3点セットというものがあります。

現況調査報告書と物件明細書、評価書の3点でその物件に入札するかを検討する
ものですが、内容が変わっている物件もないとは限りません。

下見をして内覧ができないため、落札してみたら入居者がいたなんてトラブルもあります。

また、空き部屋なはずなのに、押し入れやトランクルームなど見えないところに
家財が詰め込まれていたなんてことも考えられます。

トラブルを回避するためにも、競売では競売代行などを利用する人もいます。

裁判所が最低競売価格をだしますが、これは裁判所の依頼を受けた不動産鑑定士が、
物件の適正価格を決めるもので、競売の場合は通常よりも安くなっています。

しかし、中には最低競売価格が高いと感じるものもいくつかあります。

不動産業者であれば、わかることでも初心者の投資家はわかりません。
しかし過去の落札データをみれば、おおよその情報が把握できるので
おかしいとわかります。

競売では時にはこんな物件もあり、最低競売価格が高いと、誰も入札をしない
のですが、一般の人が欲しくて以前の落札のデータを知らなければ、自分の
希望金額で落札してしまうということも、起こり得るのです。

不動産鑑定士も人間なので、鑑定基準があっても最低競売価格はそれぞれに
よって変わります。そのため、競売でも価格はあくまで目安と考えてください。

最低競売価格が高いか安いか、入札するのであればいくらが適正かは自分で
判断していくようにしてください。

多くの物件を見ていかなくては、判断するのは難しいことですが、その場合は
きちんと競売代行やアドバイスをくれる専門家や、希望する物件が見つかったら
鑑定をしてもらうことをオススメします。

鑑定料も鑑定士によって違い、競売に関する物件を数多く見てきている人も
いますので、得な買い物をするためには鑑定料も先行投資です。

ただし、依頼する前に鑑定料や実績を確認してください。

大きな買い物ですので、不動産投資には競売は欠かせません。
上手に活用してプラスにしていってください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ