地方裁判所の競売物件について


HOME > 競売物件について



地方裁判所の競売物件について

地方裁判所では、競売が積極的に一般の人たちに受け入れやすいような活動が
されています。

新聞広告やインターネットで閲覧ができるなど、以前は不動産業者が中心だった
地方裁判所にも、多くの個人投資家や居住目的で物件を探す人たちが増えてきました。

競売といえば、どんな印象がありますか?まず一般との大きな違いといえば価格差です。

テレビなどでも話題になりましたが、地方裁判所の場合は最低価格や4割ほども安くなる
物件もあり、それに対して自分で入札価格を決めることができます。また裁判所の職権で
抵当権なども抹消してくれるので安心です。消費税も必要なければ、諸費用も不要に
なるので、手数料や税金だけでも大きく変わってきます。

しかし忘れてはいけないのは、地方裁判所で扱っている物件は一般の物件とは違い
競売物件です。一般の物件は転勤や住み替えなど、所有者が納得して売りにだします。

もちろん不動産業者が落札して、一般市場に流通している競売物件も多くありますが、
それ以外の物件に対しては、何だかの理由があり売買されているものになります。

しかし、地方三番所で扱っている物件に対しては、所有者が納得していません。
そして債務整理のためやあちこちに借金をしている場合には、混みあった事情になり、
入居者が素直に明け渡しに応じてくれない場合もあります。

占有者が所有者とは限らないこともあるので、そういうトラブルを対処してもらうには弁護士やプロの競売代行などにお願いするのが良いでしょう。

数ある中には優良物件もあります。地方裁判所が評価をし、現地調査を行っていた
としても、やはり専門家にお願いする方が安心です。

地方裁判所が行うことは、決められた範囲内でいつも決まっています。そのため、型にはまった調査しかしないと考えた方が良いでしょう。

入居云々ではなく、ただ競売の物件としての確認をするだけです。しかし、専門家の場合は利便性はもちろんのこと、車や外側からみて室内の汚れ具合を把握したり、家族構成や人柄を知ることで、色々な情報収集ができます。

またマンションになれば、管理費の滞納金も落札者が支払うことになるので、協力的に
教えてくれる管理会社もあるため、個人ではなく専門家の調査は、不動産投資に最適な
物件を探しやすくなるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ