競売物件を安価で購入して不動産投資を


HOME > 競売物件について



競売物件を安価で購入して不動産投資を

不動産投資の収益物件を購入する時に、競売を利用する人が増えています。

市場価格の2~4割程度で物件を購入することができ、いろいろな費用負担もないため、
安価で購入ができます。市場で流通している物件の中にも、競売で購入されて売買
されているものが数多くあります。

そのため、競売に抵抗がある人も、業者が競売で
落札した物件を目にしている機会は多々あるのです。

収益物件のほかにも、一般人も居住目的で競売物件に注目しており、新聞などからでも
簡単に情報は入るようになりました。低価格で不動産物件を手に入れられるとしても、
難しいのが競売手続や物件選びです。

入札する時には最低売却価格の20%を入札保証金として納めるため、ある程度の
お金が必要になります。また、確実に落札できるというわけではないので、好条件だと
しても手に入らないこともあります。

競売と一般の大きな違いは、下見ができないことです。競売物件は、中に入ることが
できないので、基本的な情報は写真や報告書しかありません。そのため、外観は綺麗で
築年数で判断しても、実際は老朽化が激しかったり、室内はかなり修繕しなければいけない場合があります。また、家財道具が残されていたり、入居者が全然立ち退いてくれないなどのトラブルで、予定外の状態になってしまうこともあるのです。

また、難しいのが落札価格の決定です。普通に見ているだけでは、競売でどれが
不動産業者に人気の物件なのかがわかりにくいため、業者が再販しようと思う物件は
競争率が激しくなるので、入札額も検討がつかなくなってしまいます。そんな物件を
いくつも入札していても、いつまでも競売では購入できなくなってしまうのです。

その結果、一般人が購入できるのは、あまり良くない物件になってしまう可能性も大きい
ので、専門家に物件選びから落札額までアドバイスをしてもらいながら競売に参加する
のが良いでしょう。数回経験をしている人なら、競売の難しさはわかっているはずです。

落札後は収益物件にし、家賃収入を得るほかにもキャピタルゲインという譲渡収入も
競売の場合は見込めるので、どちらを目的にするかも専門家に相談したうえで競売に
参加していくと、より上手に投資をしていくことができます。競売でより安価な物件を
購入して、不動産投資をしていきましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ