地裁の競売物件で不動産投資を広げよう


HOME > 競売物件について



地裁の競売物件で不動産投資を広げよう

マンションの購入方法で競売があります。

不動産業者はもちろんのこと、最近では
一般の人も競売に注目しており、個人投資家たちも多くいます。

一般価格より4割ほど安いともなれば、ローンを組まなくてもマンションが現金で
手に入りやすくなります。

それによって、自己資金のみで融資もなければ、不動産投資なら修繕してすぐに
入居者を募集すれば、家賃収入が定期的にもらえることになるのです。

居住用としても、もちろんローンがないというのは月々の支払が賃貸生活よりもグッと
楽にはなり、資産として残すことも、後々不動産投資を始めることもできます。

一般の価格よりも安いということもあり、落札して転売をする不動産業者がいるように、
家賃収入ではなく上乗せして転売するという個人投資家もいます。

マンションから家賃収入を得るだけではなく、売買する方法が選べるのも
不動産投資の魅力ですが、それをもとにまた投資を広げていくことができます。

近年、戸建だけではなくマンションの競売物件も多く見られます。

普通に中古のマンションを購入しようと思うと、1000万超える物件でも
格安で落札できる可能性も高いのですが、きちんと情報は確認しなくてはいけません。

下見はできませんが、写真は見ることができて、現状も知ることができます。

修繕がどれくらい必要なのかもプロから見れば把握はできますが、素人ではわからないというのであればプロからアドバイスをしてもらったり、競売代行を利用するのも良いでしょう。

また、マンションなら必ずあるのが管理費や積立金などですが、詳細を読んでいくと
管理費などの滞納額も記載されています。

20万ほどの滞納の場合もあれば、100万ほど滞納している人がいますが、
これもマンションを落札した時には、購入者が支払わなくてはいけないので、
確認をしなくてはいけません。

ある程度のマンション情報は裁判所にある3点セットで知ることができて、
今はインターネットからも簡単にダウンロードできます。

あくまでマンションを落札して、全ての明け渡しが完了するまでを終わらせなければ、
収益物件とはならないので、多くの不動産業者やプロも入札に参加しているので、
経験や知識がない場合は、プロにお手伝いをしてもらう方が、確実に良いマンション
を手に入れることができます。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ