家賃収入には収益以外にもメリットがあります


HOME > 不動産について



家賃収入には収益以外にもメリットがあります

競売マンション投資家の相沢です。

投資の種類には、株やFXなど様々な金融商品があります。

でも、毎月安定した収入が得られる
金融商品といえば家賃収入です。

あなたも一度は賃貸生活をしたことがありますか?

もし家賃を払って住んでいた経験があれば、
誰でも不動産投資のイメージがつきやすいと思います。

その時の家賃はいくらでしたか?
どのくらいの期間生活していましたか?

もし仮に、家賃8万円で4年間住んでいたとしたら、
単純計算で4年間で384万円!

それだけの家賃を大家さんに払ったことになります。

つまり、大家さんの家賃収入は一室で384万円。
そういった部屋を10室所有していたとしたら、

4年間で3840万円にもなります。

もちろん、途中に退居なさる入居者さんや、
それに伴うメンテナンス、管理費等があります。

でも、それを負担したとしても、ざっと

3000万円は稼ぐことができているかもしれません。

あなたは、それだけの家賃収入を得られる生活が
できるとしたらどんなライフスタイルを送りますか?

お金だけではありません。

家賃収入は、あなたが仕事で働いていたとしても、
毎月入ってくる安定収入です。

しかも、家賃収入には他にもメリットがあるんです。

不動産投資の収益は家賃収入ですが、不動産所得となるため、
給与とは別に申告することになります。

家賃収入には事業経営によるものなので経費になります。

そのため、減価償却やローン金利、管理費や修繕費等は
必要経費となるので、家賃収入以上になれば、
不動産所得としては赤字になります。

そのため、給与や事業所得などの所得から
損益通算することができるのです。

そうすると、家賃収入の確定申告時には所得税の
還付を受けられることになるのでプラスになります。

もちろんそうなれば、住民税も減額されることになり、
今までよりも生活が楽になる可能性も高いのです。

またそれだけではなく、万が一自分に何かあった時にも、
相続や贈与税では100%課税対象となってしまいますが、
家賃収入を得ている建物については評価額が課税対象となるので、
時価の40%ほどにまで抑えることもできます。

ローン返済中に障害や死亡の場合でも、団体信用生命保険の加入によって、
ローンの残債は保険から一括返済してくれるのです。

となれば、残された家族はローンがなくなった状態で引き継がれるため、
家賃収入をそのまま手にすることができるのです。

あなたにとっても、家族にとっても、家賃収入というのは
メリットの多い資産であり、魅力的な金融商品とも言えるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ