不動産投資で失敗しないチェックポイント


HOME > 不動産について



不動産投資で失敗しないチェックポイント

競売マンション投資家の相沢です。

「不動産投資を始めたのに破産してしまった・・・」

金持ち父さんシリーズが発売された後、
不動産投資家が急増しました。

その反面、不動産投資に失敗する方も増えました。

理由は、利回りばかりを気にしたり、美味しい話をする
悪徳不動産業者に乗せられてしまったりなど、

知識も何もないまま不動産投資をしてしまい、
悲惨な結果を迎えたという話はよく聞きます。

もしあなたが、これから不動産投資をされる
ということでしたら、次の内容を参考に、
失敗を未然に防ぐ術を身につけることをオススメします。

例えば、表向き良さそうな物件であっても、

・将来的にゴーストタウン化しない立地であるかどうか
・管理会社のメンテナンスがしっかりなされているか

この点は将来的な面を考えると大切なポイントです。

物件はモノですから、築年数によって劣化していきます。
ですから、マメに対策をとり、少しでも綺麗に長く使えるように
しているようであれば安心です。

しかし、入退去時や日頃の点検も怠り、老朽化対策をしていない
物件であれば、一室だとしても老朽化により修繕費用が
かさんでしまうことがあります。

もし、それが一棟買い上げていたら…
不動産投資の失敗になります。

ほとんどの場合は、目先だけの利益で決めてしまうことが
失敗のきっかけになります。

築年数が古ければ耐震対策もされていなかったり、
耐用年数にも問題があることがあります。

またリフォームやメンテナンスなどの費用が
予想以上になることもあります。

また、土地が低くて大雨になると浸水したり、治安が悪くて
長く住む人がいないなど、たくさんのデメリットも考えられるのです。

他にも、たとえ駅やバス停が近くても最終が早かったり、
本数が少なくて不便だったりすることもあります。

これは、県外や遠い地域でもきちんと調べていればわかることですが、
調べずにただあるから便利・入居者がいるから安心などと
簡単に考えてしまうことが不動産投資の失敗につながるのです。

せっかく将来を考えてローリスクの不動産投資をするわけですから、
ある程度の勉強は大切です。

目先の得よりも将来性を考えて不動産投資をすることで、
失敗を未然に防ぐことができますよ。

これからも不景気により、不動産投資をする人が増えてくるでしょう。

その時に、悪徳不動産業者に騙されないためにも、
きちんと将来を見据え、正しい方向性を持ち、
不動産投資の成功者になっていきましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ