不動産に投資する際のローン返済以外の出費について


HOME > 不動産について



不動産に投資する際のローン返済以外の出費について

不動産で投資をする時には、自己資金がなくてもローンを組むことができます。

中にはフルローンにする人もいますが、不動産の場合は収益物件があれば、
毎月の 返済も家賃収入からすることができます。

副業の場合でも、この先本業が不安定な収入になったとしても、家賃収入が
安定した定期収入になるため、計画的にローン返済をしていくことができます。

ただ不動産を購入する時に、自己資金がないと融資が断られる場合もありますので、
不動産に投資をするには、まず考えなくてはいけません。

高額な不動産の場合には、返済期間が長くなったり、毎月の返済額が大きく
なったりします。れに対して家賃収入が少なければ、負担も大きくなってしまうので、
本当に将来性のある物件でなければ投資をする意味がなくなってしまいます。

不動産は購入するだけで、終わりではありません。

修繕をして入居者が決まり、家賃収入が毎月入ってきても、入退去や老朽化によって
修繕がまた必要になります。

そのため、きちんとメンテナンスがされている不動産であれば、ある程度は修繕する
必要はありませんが、老朽化が進んでいるような物件ならば、ローンの返済だけではなく、
修繕費用も考えていかなくてはならないのです。

それを知るためには、不動産の外観だけではなく中身を知る必要があります。

水まわりなどがきちんとしているか、点検はきちんとされているか、鉄筋なら
さびていないかなど中身を知らなくては、負担が大きくなってしまうことがあります。

詳しくわからないのであれば、建物を詳しくチェックしてくれるプロにアドバイスを
してもらうと良いでしょう。

不動産の投資は、今やローリスクともミドルリスクとも言われ、多くの個人投資家たちが
不動産を購入しています。そしてローンを返済つつ、家賃収入を得るだけではなく将来の
保険と考えています。

もし万が一、亡くなることがあったとしても保険があるので、ローン完済して不動産は
家族に残されるので、資産として残すことができます。

ただ、完済したとしても修繕だらけでは、せっかくの不動産の投資の意味がなくなって
しまいますので、不動産選びは確実にしていきましょう。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ