不動産投資は経営と同じ感覚で


HOME > 不動産について



不動産投資は経営と同じ感覚で

競売マンション投資家の相沢です。

投資経営はひとつのビジネスです。

不動産投資は大家さんだからビジネスとは違う、
という感覚を持っている方がいらっしゃいます。

あなたは、不動産投資が経営の1つだと
捉えられていますか?

もし、全く別物だとお考えだとしたら、
不動産投資で失敗の恐れがあります。

まずは、不動産投資経営についての基本を
学んでおきましょう。

物件を1つのお店と考えてみてください。

家賃を得られない物件は、赤字のお店と同じです。

あなたは、不動産投資経営と、普通の店舗ビジネスの
一番の違いは何かご存知でしょうか?

不動産投資経営の場合は、毎日の集客を考えなくても
済むというメリットがあります。

ビジネスで一番大変なのは、集客です。

たくさんお客さんが集まって、たくさんモノが売れれば
その会社の利益は大きくなりますよね。

不動産投資の場合は、入居者さえいれば、
集客することなく、毎月決まった家賃収入を得られます。

不動産投資経営の魅力はそこにあります。

でも、一般のビジネスと不動産投資経営、
一見すると大きく違うように見えますが、

不動産投資は、物件を経営していくのと同じなんです。

どのくらい費用をかけて、どのくらい儲かるのか、
どんなリスクがあって、それは回避できるのか…。

などなど、経営の要素が絡んできます。

不動産投資経営は、一般のビジネスと違う点は、
売るというよりもいかに長期間借りてくれる物件を見つけるかが最も大切です。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ