不動産投資法人で安心資産運用


HOME > 不動産について



不動産投資法人で安心資産運用

不動産投資には、個人で収益物件を購入し、
家賃収入を得る他に不動産投資法人があります。

この場合は、投資家が個々に資金をだし、不動産などで資金運用を
していくための会社=法人です。

大きな違いは、運用業務は自分ですることが禁止されているため、専門家に
委託業務という形になります。会社の運営方針を不動産投資法人が決めたら、
運用は投資信託会社が行うことになります。

もちろん、不動産投資の知識や経験も必要で、各地の財務局に登録している
会社が運用をしてくれるため、不動産を選んだらどのような賃貸にするかを考え、
管理していきます。

また、不動産というのは老朽化していきますので、将来的な修繕も視野に入れ、
不動産価値を下げないように対応をし、不動産投資法人の財務に対しても、
必要に応じて資金調達のほかにも資産は資産保管会社、事務は事務受託会社へと
個々に専門家に委託して、徹底した運営が行われます。

株式会社が株券なら、不動産投資法人は投資証券という有価証券が発行されます。

この投資証券は、上場している不動産投資法人の証券であれば、証券取引所の
立会時間に証券会社などで簡単に売買することができるので、物件に買い手が
つかないから売れないということもありません。

不動産投資法人は資金を集め、不動産を購入しテナントを賃貸にして運用を
していきますが、その家賃収入から、借入をした場合は金利と不動産にかかる
管理費や修繕費などすべてを差し引いた収益を投資家には分配されます。

また税法から、課税所得の90%を超えて分配された場合は法人税を
課税されないので、不動産投資法人の場合は課税がされないので、
不動産投資での収益は課税されることがありません。

テナントビルなどの大きなものでも、投資家が資金を出し合う不動産投資法人で
あれば、一般的な不動産投資と違い、専門家に委託されるため、管理なども
する必要がありません。

複数の不動産を購入できて、20万くらいから不動産投資ができるので初心者でも
少し勉強をすれば、始められる不動産投資のひとつが不動産投資法人です。

管理やメンテナンスに不安があっても、全て専門家にお任せなので、忙しくても
副業でもこれなら安心です。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ