不動産の利回りは簡単に計算できる


HOME > 不動産について



不動産の利回りは簡単に計算できる

不動産に投資していくうえで利回りというのは、とても大切なものです。

一般的に不動産を購入する際には販売会社が「利回り」を記載していたりしますが、
実際は自分で計算してみる方が良いでしょう。

支出に対して利益の割合をきちんと計算することで、支出金額が回収できる期間や、
利益があるかを知ることができます。つまりこれがわからずに不動産業者の話を
信じてしまうと、後々失敗してしまうこともあるのです。

基本的に不動産を選ぶ基準は表ではなく実質の利回りを考えてください。

年間収入÷購入価格というのは表利回りですが、不動産を購入する際に
記載されているのもこちらが多いようです。しかし、これだけでは実際かかる
費用がわかりません。

そこで、実質利回りを計算する方が、確実性があるのです。
計算方法は簡単で(年間収入―年間支出)÷購入価格です。

年間収入というのは家賃収入で、年間支出というのは固定資産税・火災などの
保険料・賃貸と建物の管理費・修繕積立金や不動産会社に支払うお金など
不動産にかかってきた諸々の費用ということになります。

不動産を購入する時に10%と記載されていても、実際に実質利回りを計算して
みると6~8%くらいになることがありますが、その程度の不動産がオススメでしょう。

もちろん計算をして計画を立てたとしても、入居者がいなければ収益物件としての
役割をはたしてくれません。

不動産を購入する時には、その地域の特色をきちんと調べ、単身・ファミリー向けの
どちらが人気なのか、ペットの飼える物件が少なかったり、人気ならばペット可能に
するなどのポイントをつかんでいかなくては、不動産投資をしていくことができません。

また、将来性も考えたうえで入居率の高い不動産を選んでいくようにしてください。
年間のかかる費用を考えて正確で確実な利回りを出していきましょう。

決して難しい計算ではないので、不動産を購入する際には、記載してある利回り
よりも自分で計算をしていくように心がけてください。不動産は大きな買い物になります。

不動産業者の言葉ばかりを鵜呑みにするのではなく、自分の知識や専門家の
アドバイスで、より確実で将来性のある収益物件を見つけてください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ