不動産の投資物件は資産として魅力的


HOME > 不動産について



不動産の投資物件は魅力的な資産

競売マンション投資家の相沢です。

よく資産と負債を間違えている人がいます。

資産とは、資本(お金)を産むものです。
負債は、マイナス(借金)を積み重ねるものです。

マイホームが資産だとおっしゃる方が
いましたが、マイホームは負債です。

持っているだけでお金は減り続けます。

では、持っているだけでお金を
生み続けるものって何だと思いますか?

投資には金融商品と呼ばれるものが一般的です。
例えば、株やFXがそうですね。

でも、日々の利益にプラスマイナスの幅が大きく、
安定している資産とは言いがたいものです。

では、非常に安定している資産運用として預貯金も
あげられますが、今の日本では微々たる利益でしかないですよね。

では、不動産の投資物件はどうでしょう。

土地単価が下がったり、建物は老朽化によって
価値が下がることがありますが、

資産価値がゼロになることはありません。

また、投資物件を長年貸し続けて、
将来的に家賃収入を得るのではなく、
自分や自分の子供が住んでも良いのです。

不動産は財産の一部なので、子供たちに残すこともできるし、
立派な保険にもなります。

万が一、ローン返済中に自分に何かあったとしても、
保険があるので、返済額ゼロで家族に残すことができます。

不動産のメリットを知られ始めたことで、現在は
堅実な投資方法として不動産投資をする人が増えています。

もちろん最初に下調べをして、将来的に老朽化しても
家賃を下げる必要のない地域を探すことは大切です。

それは、空き物件にさせないための知恵にもなります。

もしあなたが会社員であれば、中古のワンルームマンションから
始めてみてはいかがでしょう。

ローンも組みやすい上にローリスクです。

最初から大きく投資する人はあまりいません。

投資する物件や、物件価格を少しずつ大きくしていくことで、
大きな資産へと変わっていくものです。

たとえ地震で投資物件が倒壊してしまったとしても、
保険があり土地がある限り不動産は残ります。

これはほかの金融資産にはないメリットです。

どんな時にも強い不動産投資で、価値ある資産を持つのは、
これからの時代には強い味方になりますよ。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ