不動産の投資は目先の利回りに騙されない


HOME > 不動産について



不動産の投資は目先の利回りに騙されない

競売マンション投資家の相沢です。

あなたは、不動産投資を始める初心者の多くが
失敗している理由をご存知でしょうか?

不動産は今注目されている投資の手段です。中でも、
中古物件を収益物件として購入する人が増えています。

不動産の中には、格安で購入できるものもあり、
投資に活用できるものもたくさんあります。

でも、失敗者にはある共通点があります。

それは、不動産投資の利回りを誤算してしまうこと。

表向きに利回りの良い不動産の場合は
デメリットがある場合もあります。

例えば、学生の多い不動産は満室になっていれば、
すぐにメリットがありそうに思えませんか?

目先の家賃収入を考えれば、満室状態の一棟買いをするというのは
美味しい話に聞こえますが、ほとんどが3月に卒業となればどうでしょう。

すぐに修繕費が必要になりますし、
空き部屋にならない対策をしなければいけません。

自分の住まいから近くの不動産であれば、学校からの距離や
周りの環境などを調べることができます。

でも、遠い場合はよく調べておかないとリスクが高いです。

例えば、周辺に何もなく入居者が不便に感じ、良い物件が見つかったら
引っ越してしまうため、空き部屋になってしまいます。

不動産は、骨組みだったりメンテナンスだったり、
目に見えない経費がもたくさん必要になります。

利回りばかりを考えれば、冷静な判断もできないまま
投資してしまう可能性もあるのです。

たとえ自分の住んでいるところの近くだとしても、
その不動産がどういうものかというのは見て、
よく考えなくてはわかりません。

特に、一棟買いの時には、専門的知識のある方の意見を聞いた方が、
後々のマイナスを防ぐことにもなります。

しかし、競売マンション評価NAVIでは、
区分所有建物のみを取り扱っています。

理由はシンプルです。

リスクを分散できるから。

一棟の建物はポコポコと空きが出てくるので、
総合的なリスクが発生します。

でも、空室期間の短い区分所有だけで
固めることができれば、常に収益を得ることができます。

まずは、競売マンション評価NAVIの
高利回り物件をチェックしてみてくださいね。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ