マンションは住むより投資目的の物件を


HOME > マンション投資について



マンションは住むより投資目的の物件を

マンションの購入目的のひとつに投資があります。

今や多くの中古物件があり、価格も上昇しつつあると言いつつも、
まだまだ買いの時期です。

東京を始めとする一部地域のマンションの価格が上昇を始めているのであれば、
将来的に家賃収入だけではなく、売買も視野に入れておくと、より良いマンションを
見つけることができます。

居住よりも投資というくらいマンション購入する理由が変化してきています。

収益を得られる物件を購入すれば、より長期で安定した家賃収入を得ることが
できるのです。

家族に残す生命保険の変わりにもなれば、働いている今は節税対策にもなる。

マンションの一室を購入した時点で、メリットになるのです。マンション経営は
マンションに対するものが経費になるため、確定申告をすれば家賃収入以外にも
還付金が手に入ることがあります。

修繕などの建物にかかる費用の積立てや融資を受けているのであれば、
ローン返済を繰り上げ返済もできます。

還付金があれば、年に一度のボーナスと言えます。

家族に残すにしても、お金では多くの相続税がとられてしまいます。

せっかく個人が貯めたのに、国が持っていくなんておかしな話だとは思うのですが、
これが日本の現実で、そんなもったいないお金を少しでも減らすために、それぞれに
工夫をしています。

マンションを持っていても、同じように相続税がかかってきますが、これが住居か
賃貸かによって変わってくるのです。

賃貸であれば、相続税も安くなるので、より多くの資産を残すことが可能になります。

それだけではなく、万が一ローン返済中に亡くなったとしても、ローン返済は保険に
より完済したことになり、家族のもとには返済をし終えた形でマンションが残ります。

入居者がいればそのまま家賃収入は継続になり、退去後に自分たちが住むというのも
可能です。もちろん修繕など何かと無理と家族が判断すれば、売却すればマンションを売ったお金が家族のもとに入ります。

ただ住むだけのマンションを残すのではなく、投資用のマンションの方が今も
将来もメリットがあり、家族にも有益な資産となります。

だからこそ、マンションを購入して不動産投資をする人が増えているのです。

保険・年金・資産など、多くの意味を持つマンションを持ち、これからの暮らしに
安定と安心を持てるのが不動産投資なのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ