マンション経営の一歩はアパートから


HOME > マンション投資について



マンション経営の一歩はアパートから

今や不動産投資は、サラリーマンの副業として注目されています。

ゼロ金利政策なんて言われている今、資産を増やして運用するのにも、
安心できる将来を考えても、マンション経営が注目されるのには理由があります。

毎月定期的な収益があるため、給料が下がったとしても毎月の家賃収入があり、
税金対策にもなります。

また、ニュースでは日銀が不動産投資信託を購入すると言っていますが、資金を
集めて不動産に投資しなくても、個人で一部屋アパートを持っていれば、立派な
経営者です。

このアパート、マンション経営者がサラリーマンなど働く人にはたくさんいます。

アパートの場合は、購入資金も少なくてすむため、自己資金が少なくても始めることが
できます。おおげさに言えば自己資金がゼロでも融資で始めることができるのです。

ローンの支払いがもちろんありますが、これは家賃収入から支払うことができるので、
他人の力で返済ができますので、本業の給料から支払う必要はありません。

つまり、今の生活と変わらずに、ローン返済をしていくことができるのです。

修繕費用は積立をして、ちょっとお小遣いができて、アパートにかかる費用は
経費になるので確定申告時に還付金までとなれば、ボーナス付きともいえます。

これを修繕費の積み立てと繰り上げ返済に回すことができます。
アパートの場合は、多少家賃がマンション経営よりも安くはなるかもしれません。

しかし、修繕費用はアパートの方が安いので、入居者がいれば結果的に
あまり変わらないのです。

もちろん立地条件や周辺環境、家賃相場や広さとあらゆるもので条件が
変われば家賃も変わります。どこを選ぶかによって、計画も変わってくるのです。

また、家賃というのは10年、20年たっても大きな変動はありませんので、先の長い
計画が立てられます。月5万円の家賃であれば、年間60万。1年実際にアパートの
不動産投資をしてみたら、翌年も何か壊れたなどの修繕がなければほぼ変わらない
ので、老後までの目安を立てることもできれば、投資の幅を広げていくこともできます。

初心者はアパートの一室がオススメと言いますが、アパート、マンション経営ともに
計画をして、不景気に負けない生活と老後を過ごしてください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ