マンション投資をすると節税できる!


HOME > マンション投資について



マンション投資をすると節税できる!

マンション投資をすることで家賃収入を得るというのは
多くの方の夢なのではないでしょうか。

もしも、仕事がなくなってしまっても家賃収入があれば、
生活をしていくこともできますし、
将来的に年金にも頼らなくていい老後を送ることができるなど、
マンション投資による家賃収入というのはメリットが多くなっています。

しかし、マンション投資というのは節税にも繋がるというのをご存知でしょうか。

マンション投資などから得られる収益というのは、
不動産所得として申告することになりますので、給与とは別ものになるのです。

また、減価償却であったり、マンション投資に必要だったローンの金利、
そして管理費であったり、ほかには修繕費といったような、
マンション投資に掛かっている費用というのは全て経費として計上することになります。

もしも、この経費が家賃収入を超えた場合には、決算は赤字になるのですが、
これは給与であったり、そのほかの収益と損益通算をしてしまうことができるのです。

もしそうなったら、毎年の確定申告をする際に払いすぎているということで
所得税が返ってくるということになります。(所得税の還付)

さらに、所得計算も減産されますので、翌年の住民税も低くなります。

税金が返ってくるというメリットだけでもうれしいのに、
さらに翌年分の支払う分も減らすことができるというのは
非常に大きなメリットということができます。

マンション投資は、目先の家賃収益もうれしいですが、
こういう深い部分にもメリットがあるのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ