マンションのオーナーで資産を上手に活用


HOME > マンション投資について



マンションのオーナーで資産を上手に活用

マンションのオーナーというと、マンション一棟のオーナーというイメージがありますが、
一室であっても、オーナーになります。

マンションを購入する時に一部屋を購入して住まいや事務所などとして使用します。

でも、それを自分が住んだり使用する目的ではなく、収益物件として家賃収入を目的と
するとなれば、マンション経営という形になります。
いわゆる一室の大家さん(オーナー)になるのです。

もちろん、経営なので経費も発生してきます。法律や税金、ローンや収益については
オーナーの為の勉強をすることになりますが、今は多くの勉強する講習会やサイトなどが
ありますので、簡単に始められる投資として不動産投資は注目されています。

しかも、マンションを購入してオーナーになり入居者が決まれば、すぐに収益が
発生してきます。毎月支払われる家賃は、マンションがあって入居者がいる限りは
支払われ続けることになるのです。20年、30年、50年と長い目で見ていく事の
出来る資産活用法なのです。

資産運営や資産活用には様々な種類がありますが、毎月定額が入ってきてマイナスに
ならないという投資はあまりありません。しかし、マンションを貸している限りは収益も
入り続けるので、立派に資産は動き続けていると思いませんか?

また、不労収入が定期で入ってくるだけではなく、不動産が値上がりしたら売って、
それを元にまた不動産投資をすれば良いのです。マンションを住み替えるように、
勉強した知識を活かして更に良いマンションを見つけていくことができるでしょう。

そして、それを広げていくことができるので、初めは一室だったマンションもいつしか
一棟になっていく人たちも現実にいるのです。

先を見て計画的に進めていくことができるのが、マンションの不動産投資とも
いえます。家賃は毎月定期で、老朽化に伴い家賃を下げる必要もあまりなく、
下げたとしてもほんの少しなので、将来的な計画は立てやすいのです。

明日大きなプラスになっても、翌日にはその倍以上にマイナスになってしまう
かもしれないという不安もないので、マンションのオーナーになら、安心できる
資産活用をしていくことができます。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ