不動産の中古マンション


HOME > マンション投資について



不動産の中古マンションは骨組みまで知っておこう

不動産投資をする時には、まずは投資物件となる不動産の
購入からはじめます。

今は中古不動産もたくさんあり、手頃な価格のものもありますので、
中古マンションも資金がなくても融資によってフルローンで購入することも可能です。

もちろんお金を借りるとなれば、審査もありますが、会社員や公務員は
比較的融資してもらえる可能性が高いです。

そのため、副業として不動産を購入し、個人投資家としてマンション経営を
する人が増えています。

投資物件とはいっても、不動産を購入するにあたり賃貸としてマンションの入居者がいない
状態にならないようにすることが大切です。

そのため、いくら安い中古マンションを購入したとしても、修繕費用が
かかってしまうだけではなく、入居者が決まらず空き物件になっているままで
あればマイナスになってしまいます。

家賃収入を目的としているのが大半かもしれませんが、実は物件が値上がり
した時に売ることができるというのも不動産投資のメリットになっています。

だからこそ、安いだけの不動産を選ぶことはマイナスになるといえるのです。

住まいとして不動産を購入するとしても、将来的なことを考えませんか?
便利さや環境の良さ、子どもたちが大きくなったら…などなど、考えることは
たくさんあります。それは賃貸でも同じことだと思います。

それが収益不動産としても、やはり将来的なことを考えなくてはいけません。

賃貸としてだけではなく将来的に売買するとなれば、自分にとっても大きな
ものとなると言えるでしょう。不動産は買っておしまいではないのです。

そのためには、長く収益をあげてくれるような中古マンションを購入するには、
耐用年数も念頭においておかなくてはいけません。

今安くても修繕費がかかったり、老朽化により外壁も内装も修繕不可能になって
しまったら、いくら家賃を安くしても入居者が見つからない可能性が高くなります。

数十年前のベッドタウンやニュータウンと言われていた団地が、
今ゴーストタウンとなろうとしているところもあります。

その理由は、やはり修繕不可能な状態になって、高齢者しか残っていないことなのです。

メンテナンスがきちんとされ、つねに老朽化に対して手を打ってある中古マンション、
不動産なら、多少古くても将来性があります。

表向きにとらわれずに中古マンションを購入する際には、きちんと中の中…骨組み
まで知り、良い収益不動産、マンションで価値ある資産を増やしてください。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ