中古を選ぶなら住宅?マンション?


HOME > マンション投資について



初心者が中古を選ぶなら住宅?マンション?

不動産投資をする際に、新築か中古かをまず選ぶ必要があります。

また、住宅かマンションかによっても変わってきます。

初めて投資をする第一歩としては、いきなり住宅のような大きなものからはじめずに
一室から始めることが多いですが、中古はかなりの流通があり、手頃な価格の
不動産件もたくさんあるので、比較的格安に手に入れることができます。

また初期費用がゼロでも融資が受けやすいのですが、住宅や一棟となれば資金は
ある程度用意しなくてはいけません。

最近では残念ながら、不動産投資家が増えて何も知らずにただ利回りだけを
考えて購入してしまう初心者が多く、それを狙う悪徳業者もいるために失敗して
しまう人もいます。

失敗が増えれば、当然ながら会社員や公務員など安定収入があり、比較的融資が
受けやすかった人たちさえも融資が厳しくなってしまうような現状になっています。

そのため、だんだん収益物件の購入も資金が必要とされる時代になってきているのです。
そうなれば融資額も少なくなるため、新築よりも中古住宅の方が手に入りやすいというのは
事実かもしれません。

しかし初心者が購入するのには、中古の方がメリットはあるかもしれません。

ワンルームを購入して、入居前の修繕から始まり、入居者が入居して退去するまで
何かあれば修繕が必要となります。

また、入居中は家賃収入からローン返済や経費の計算などの勉強をし、退去すれば
また修繕やリフォームをする。手頃な中古を購入してローンを完済するまでに、多くの
経験をすることができるでしょう。

また、住宅であれば入居者が一度入れば長く住むことがありえます。

ただ、一棟買いと同じように老朽化に伴う水回りなどのトラブルを考えれば、不動産は
修繕費用が比較的高く、一軒まるごと管理をするよりはマンションの一室の方が
負担は少なくて済みます。

とはいっても、購入前にきちんと確認をしておかないと、老朽化によってたった
一室でも中古の場合は、あちこち修繕費用が必要になることもあるでしょう。

エアコンが壊れたとか、水道が出なくなった、ドアやお風呂が壊れたなどで
修繕費がかさまないためにも、まずはきちんと中古の場合は婦どす案を確認する
ようにしてください。それが初心者投資家の第一歩です。

より収益を生む中古の不動産を選ぶ。住宅かマンションか…それを選ぶ基準は
あなたの将来的な計画で変わります。

夢のある収益不動産を選び、住宅やマンションを子どものように育てていくのは、
不動産投資の楽しみなのです。



競売カテゴリー

HOME
メールマガジン
不動産について
競売物件について
投資物件について
中古マンションについて
マンション投資について
収益物件のメリットについて
家賃収入、資産運用について



HOME - 運営者情報 - リンクについて -  サイトマップ